割に合わない「仕組債」のカラクリを知る

日経ビジネスオンラインに、私のコラムが掲載されています。ご興味があれば、下のリンクからご笑覧下さい。

割に合わない「仕組債」のカラクリを知る

金融機関では、つみたてNISAやiDeCOといった、生活者の資産形成に適したメニューを提供する一方で、このようなぼったくりの金融商品を販売しています。金融機関の言い分としては、リスクが高くても高利回り商品を求める顧客ニーズがあるのだ、ということでしょうが、顧客の欲につけこんだぼったくり商品でしかありません。私たちも、都合よく儲かるような商品は無いと、しっかり認識するべきでしょう。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です