FPSG川崎(溝の口)様の勉強会で講師を務めました

昨日(6月20日)、FP協会公認のスタディグループであるFPSG川崎(溝の口)様の勉強会で講師を務めさせて頂きました。

テーマは、「顧客本位の業務運営に関する原則からみた金融商品販売のあり方」で、保険や金融商品の販売の際に、顧客にとって重要な情報が分かりやすく提供されているかということを、いくつかの保険や金融商品の事例を挙げて検証してみました。

事例の一つとして取り上げた仕組債については、20名程度の参加者の中で、お二人が購入した経験があるということでした。仕組債の表面的なしくみやリスクについては、販売している証券会社のホームページで説明はされていますが、それだけでは不十分です。今後も、一般の生活者の皆さんに注意を促していきたいと思います。

勉強会で使用したレジュメは下のものです。ご興味があれば、ご笑覧下さい。

「顧客本位の業務運営に関する原則」から見た金融商品販売のあり方

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です