東洋経済「保険の罠」

今週の東洋経済は、「保険の罠」というタイトルの生命保険商品の特集でした。

そのタイトルの通り、いらない保険が多いという批判的な記事が並んでいます。

私も、個人的には、生命保険は経済的に効率の悪い商品が多いと思いますが、FPとして、お客さんに保険についてアドバイスをする時には、できるだけ、代替の商品やプランと比較しながら、分かりやすい情報を提供するように心掛けています。

今回、東洋経済で取り上げられたいくつかの商品については、ここのブログでも取り上げて、代替商品やプランと比較した分析を示しています。

それらを以下にまとめましたので、東洋経済の記事と併せてご覧になって下さい。

1.終身保険

関連ブログ:終身保険の是非について

2.長寿保険(トンチン保険/年金)

関連ブログ:公的年金の繰り下げ vs トンチン年金

3.変額保険

関連ブログ:銀行窓口における変額保険販売の問題点
ユニットリンクを検討している方へ

4.外貨建保険

関連ブログ:外貨建終身保険の見える化(前半)
外貨建終身保険の見える化(後半)

外貨建保険に関しては、平準払いの保険を取り上げましたが、代替商品やプランとの比較は難しく、商品の注意点や為替リスクの「見える化」について解説しています。代替商品やプラントの比較が難しい理由は、掛捨ての外貨死亡保障保険が無く、1の円建の終身保険のような比較ができないためです。これは、今後の私の課題としたいと思います。

一時払いの外貨建保険については、外貨建債券が代替商品になると思います。近日中に、一時払いについての解説をしたいと思います。

5.その他

上で紹介したブログと被るところが多いですが、次のブログも参考になるのではないでしょうか。

関連ブログ:自分にあった保険選んでますか?

このブログが皆さんのお役に立てば幸いです。ご意見、ご質問などがありましたら、こちらのお問合せページからお願いいたします。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です