VIXインバースETN~その後

本日、金融庁より「業界団体との意見交換会において金融庁が提起した主な論点」が公表されました。この中の、日本証券業協会のパートで、「3.VIXインバースETNについて」がありました。

報告書のリンク:https://www.fsa.go.jp/common/ronten/201809/05.pdf

VIXインバースETNについては、以下のようにコメントされています(赤字による強調は筆者が追加したもの)。

3.VIXインバースETN について

○ VIXインバース日次指数を対象としたETNが早期償還された件につい て述べる。本件は、本年2月、米国株式市場の急落により、VIX 指数が 急上昇したことに伴ってVIX インバース日次指数が急落し、早期償還 条項に該当することとなったもの。
○ 本商品を販売する際に、早期償還条項が付されていることを始め、 商品性やリスクに関する説明が十分ではなかったというケースが見ら れている。
○ 本件については、当局としても状況を注視してきたところであるが、 上場後の勧誘・販売において、上場商品ということで思考が停止し、 顧客に対する説明事項の徹底を含めた必要な販売管理態勢が整えられていなかったこと、早期償還後の顧客対応において遅延が見受けられたことなど、様々な問題があったと考えている。
○ 顧客に対しては、真摯かつ丁寧な対応を行うことが重要であり、早 期償還条項を事前に説明していない顧客やその後の対応の中で納得が 得られていない顧客には、FINMAC によるあっせんを紹介するなど、引き続き万全な顧客対応を行ってもらいたい。

これらのポイントは、以前に私が日経ビジネスオンラインのコラムで指摘したとおりです。宜しければ、ご笑覧下さい。

関連コラム:”恐怖指数”ってご存知ですか?

最近の世界的な株安の中で、VIXや日経平均VIが上昇して、それがまた株式の売りを誘発し、市場を不安定にしているという話を聞きます。

まぁ、仕方ないですね…..

ご参考のために、直近まで更新したVIX指数とVIX短期先物指数のチャートを載せておきます。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です